• 実用と時間がつくった作為のないデザイン。
  • いいものづくりは過程も美しい。
  • 焙煎されて豊かになる暮らし。
  • 使い込まれた赤。
  • 覗きたくなる建物。
  • 凛々しくも、愛らしいもの。
  • 手間と手入れ。
  • 100年使われている道具。言葉にならない風格。
  • そこにありつづける価値。
  • 安心感とか、しっくりくる、という感覚。
  • 料理名“ビッシュ”。「先代がつくった料理やけん、名前の由来はわからんもんねぇ。」と、大将。
  • 久留米絣。「くくり」の妙。
  • 樹齢400年の包容力。
  • 人の暮らしへとつづく。
  • 雨降って路地固まる。
  • つづいてほしい。心からそう思えることがいくつあるか。
  • 海の靴底。
  • 石。木。紙。経過した時間。
  • 手間のかかる仕事。
  • 売り物ではない。人の目にも触れない。なのに人の気配を感じるもの。
  • 使い込まれると、色は定義できなくなる。
  • 街と個人店。失いたくないコミュニティ。
  • 無駄がないもの。
  • 流れた時間がデザイン。
  • 自然と必然。
  • 今年の流行色ではないかもしれないけれど。
佇まい

いい佇まい

いい佇まいとは、どういう有り様なのか。ものをつくるとき。いいものとそうでないものについて議論するとき。ムーンスターにとってそれはひとつの基準になります。新しい、高級、有名なものを追い求める考え方の反対側にある価値観。福岡・久留米近郊で見られるいい佇まいを切り取りました。